美容整形で保険が適用されない理由│横浜で美容外科を探そう

美容外科と形成外科の違い

ウーマン

横浜でもプチ整形が浸透してきたこともあって、最近では美容整形が身近な存在になってきています。それに合わせて美容整形は美容形成と呼ばれることもあるせいか、美容外科と形成外科の違いがよくわからないという人が横浜でも増えてきています。外見上の部位を改善させるという共通点はたしかにありますが、大きな違いがあります。美容外科では二重まぶたにしたり、レーザー脱毛や脂肪吸引をしたりと美容の分野に特化した美容整形を行います。形成外科は怪我や病気によって損なった外見を治療するのが主な目的になっています。混在される理由としては名前が似ているという理由だけではなく、美容外科が形成外科の技術を利用しているといったこともあるでしょう。美容整形が一般的な医療と比べて高額な理由として、健康保険の適用外という点があります。医療目的で美容外科を利用する場合などの一部例外はありますが、病気や怪我ではない美容目的の整形に健康保険は適用されません。そのため、全額自己負担となってしまい、費用が高くついてしまうのです。美容整形の中でもプチ整形については手が出しやすい値段設定となっていますが、レーザー治療などの専門的な機器を利用する施術や切開が必要な施術についてはどうしても費用が高くなりがちです。美容整形で費用を安く済ませるためには、しっかりと実績のある医師選びをすることが最終的な費用を安く済ませることができるコツです。実力のある信頼できる医師を見つけることで、コンプレックスに感じている部位を1回の施術で改善してくれる事もあります。施術の効果には個人差もあるため、どれだけ経験がある医師でも必ず1回で改善できると言えないのが美容整形の辛いところですが、医師選びはじっくり慎重に行いましょう。

ドクター

美容整形の修正

美容整形で満足のいく結果が得られなかった場合、横浜の一部の美容外科では他院の修正を行うことができるところがあります。イメージと違ってしまって修正がしたいという場合には、利用を検討してみてはいかがでしょうか。

女性

美容外科を選ぶコツ

美容整形を受けるために横浜の美容外科を探す際は、美容外科に目星をつけた後に医師を入念にチェックするようにしましょう。実績やカウンセリングの際の対応がしっかりしていて、施術までお願いすることができる医師を探しましょう。

カウンセリング

保険が適用される美容整形

美容外科で行われる美容整形の中には、医療目的であれば例外的に保険が適用されるものがあります。保険が適用されるかどうかは美容外科によっても変わるので、医療目的で横浜の美容外科を利用する場合は保険が適用されるところを探すようにしましょう。

女の人

症例写真の見分け方

美容整形の症例写真を参考にする際は、幾つか注意しなければならないポイントがあります。横浜で美容外科を探す際、ホームページの症例写真を参考にする時に活用しましょう。