美容整形で保険が適用されない理由│横浜で美容外科を探そう

  1. ホーム
  2. 保険が適用される美容整形

保険が適用される美容整形

カウンセリング

基本的には自由診療となって保険が適用されない美容整形ですが、医療目的のものであれば保険が適用される美容整形も例外的にあります。ただ、保険が適用されるかどうかは施術を受ける横浜の美容外科で決めているので、健康保険での診療が適用できる施術については、保険に対応している横浜の美容外科を大前提として探すようにすると、費用を安く抑えることができます。一般的な横浜の美容外科で保険を適用した診療が行えるものとしては、二重まぶた埋没法で対応することができる逆さまつげや眼瞼下垂、更年期障害や肝機能の治療にプラセンタ注射、悪性腫瘍であった場合のほくろ除去など意外と知られていませんが様々な種類があります。逆さまつげは文字通り、まつげは反対方向に生えてしまう症状です。まつげが目の中に巻き込まれてしまうと眼球を傷つけてしまうので、治療の範囲となります。基本的には埋没法といった、医療用の糸で二重のラインを作って二重まぶたにする美容整形で改善することができますが、症状が酷い場合は目頭切開が適用される場合もあります。眼瞼下垂は自覚症状のないまま進行してしまう事がありますが、頭痛や肩凝りが頻発する場合は眼瞼下垂であることを疑いましょう。眼瞼下垂は主に加齢によって起きる症状ですが、ハードコンタクトを常用していると、眼瞼下垂を引き起こしやすいといわれています。頭痛や肩凝りといった症状以外では、目の開きが悪くなってしまい、症状が悪化するにつれて目の開きが小さくなっていき、ちゃんと開いていても半目のようになってしまうことがあります。プラセンタ注射は美容目的では保険は適用されませんが、更年期障害や肝機能の低下の治療目的であれば保険が適用されることがあります。ただ適用には制約があり、条件に沿った量以上に超過した分については美容整形扱いとなって保険適用外の金額となるために注意が必要です。また、ほくろの治療についてですが、ほくろは良性のものと悪性のものがあります。良性のほくろは外見的なものだけで健康上問題はありませんが、悪性のほくろはメラノーマとも呼ばれていて、皮膚がんの中でも悪性が高くなっています。メラノーマは顔よりも手のひらや足の裏に多く発生しやすくなっていますが、顔に発生することもあります。顔に発生する場合はぱっと見てほくろと判別が難しいので、メラノーマとほくろの特徴の違いを覚えておきましょう。メラノーマとほくろの大きな違いは、形状にあります。ほくろは左右対称の円形となりますが、メラノーマは左右非対称かつ、徐々に大きくなります。また、色も一定ではなく色むらができることがあります。ほくろに違和感がある時は、早い段階で横浜の美容外科などにカウンセリングに行くようにしましょう。