美容整形で保険が適用されない理由│横浜で美容外科を探そう

  1. ホーム
  2. 美容整形の修正

美容整形の修正

ドクター

注意して横浜の美容外科選びを行っていても、やはり施術を受けてみてイメージと違っていたということはあります。例えば二重まぶたの美容整形だけでも、「思っていたよりもくっきりとした二重にされてしまった」、「イメージと違って、もっと幅広の二重にしたかった」、「二重まぶた埋没法で糸が取れてしまった」といったような声を横浜でもよく聞きます。そういう人のために、一部の横浜の美容外科では修正の美容整形を行っているところがあります。修正の美容整形には通常の施術よりも高度な技術力が必要となって、現行から更に美しく仕上げるセンスも重要となってきます。例えば、切開によって二重にした幅を狭くしたいという場合、まず新しく作る二重のラインをデザインすることから始めなければいけません。この場合は前回の切開線の上側に、新しく切開をするための線を引きます。この時に引く線が、新しい二重まぶたのラインになります。そして局所麻酔を注射して、麻酔が効いてきたらデザインしたラインの切開となります。切開を行った後に前回の施術で癒着している二重のラインを鋏で剥離します。剥離を行うことで前回の施術の二重はなくなるので、施術が完了した後に三重になってしまうといった心配はありません。必要に応じて眼窩内脂肪などを除去して調節してから、新しい二重のラインを縫合していきます。最後に皮膚同士を縫合することで、二重のライン修正の美容整形が完了となります。ただ、この施術方法は前回の施術で皮膚を切除していると、修正の施術であまり皮膚を切除することができなくなってしまいますので注意しましょう。なお、二重のライン修正の施術については、以前施術を受けてから修正の施術を受けるまでの間に期間を空ける必要があります。一般的な横浜の美容外科では、6ヶ月以上の期間を空けてからの施術を推奨しています。その理由として、半年近く期間を空けることで腫れや幅が安定してから施術を行うことで、より確実に満足のいく仕上がりとなるようにするためです。しっかりと期間を空けないと仕上がりに影響がでてしまうこともあるので、充分な期間を空ける必要があります。また、同じ二重でも埋没法の場合は1年以内であれば糸を抜いて修正できることが多いです。前回の手術方法によって修正も変わってくるので、まずはカウンセリングで相談をしてみましょう。